2006年01月17日

『死神の精度』 伊坂幸太郎

Z_.jpg
6つの短編からなる1つの物語。
一応、短編という形をとっているんですがすべて繋がっているので1つの物語として扱ったほうがしっくりくるかな。死神から見た6つの人間の物語。クールな死神が7日間で人間の生き死にを決める、死なら可と報告し生かしておくなら見送りと報告する。まぁほとんどの場合、死神は可と報告するのだが・・・。
極端な非日常を描いているわけではないのだが、人間の姿を借りたクールなのだがどこか変わっている死神の視点から書かれていることによって、世界が違って見えてくる。
残念ながら直木賞を受賞することができなかったのだがとてもいい作品。
posted by 黒猫 at 23:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。