2005年12月28日

1リットルの涙

主人公木藤亜也は、徐々に体が動かなくなってゆき、やがて体の全機能が停止してしまう難病「脊髄小脳変性症」に、中学3年生の時に罹った。その木藤亜也が、21歳になるまで書き続けた日記をもとにストーリー化された。

ようやく1リットルの涙の最終話みました。
今回の1クールの中で一番よかったドラマ。
まぁ作りすぎてるところはあるけど、いい作品にしあがってる。
たいてい死を描いた作品は卑怯だよなぁという思いが先行するんだけど。
この作品エンディングで毎回原作の文章が引用され木藤亜也さんの実際の日記の写真やリハビリの様子の写真が使われていて、いやでも「あぁこれは現実の話なんだ」って感じさせられる。
posted by 黒猫 at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11099478

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。