2006年01月22日

『冥王と獣のダンス』 上遠浩平

超科学文明の残り火である自動生成プラントを軸とした枢機軍と近年台頭してきた特殊能力者「奇蹟使い」を中心とする奇蹟軍とが果てなく戦い続ける世界。戦場で敵同士として出会った少年と少女。彼らの間には強い想いが芽生えるが、敵対する彼らはその気持ちに戸惑う。そして、この出会いはこの戦争の運命をも握る事件であった――。殺し合い、出会ってすれ違う人々と夢をなくした機械たち。悪魔と未来を巡るこの凄絶な舞踏会から逃れる術はあるのか――。
上遠さんらしさがまったくでてない。ストーリーもストレートすぎ。この作品本当に上遠さんが書いたのかと疑ったほどですよ・・・。おかしいと思ってたら、どうもこの作品デビュー前に書いた作品だそうです。デビュー前に書いた作品が本になるとは・・・。
posted by 黒猫 at 22:53| Comment(21) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

『ネクロポリス』恩田陸

g.jpg
物語の舞台は、アナザー・ヒル。そこは英国による植民地支配後、日本の文化が移入した歴史をもつ極東の島国V.ファーの聖地で、死者たちが実体ある存在として現世に還ってくるというのだ。そして、死者たちが現われる「ヒガン」という祝祭の期間、V.ファーの国民は、彼らを『お客さん』として温かく迎えることが風習となっている。

V・ファーの国民が勝手に話を広げたんだと言わんばかりのラスト。ねらってこんなラストにしたんだとは思うけど・・・残念。あれだけの世界を作っておいてしょぼすぎる。好きな人は好きかもしれんが・・・。個人的にラストで盛り上がらない作品ってのはあんまり好きじゃないなぁ。ラストまではとてもよかったんだけどなぁ。
posted by 黒猫 at 23:18| Comment(8) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

『死神の精度』 伊坂幸太郎

Z_.jpg
6つの短編からなる1つの物語。
一応、短編という形をとっているんですがすべて繋がっているので1つの物語として扱ったほうがしっくりくるかな。死神から見た6つの人間の物語。クールな死神が7日間で人間の生き死にを決める、死なら可と報告し生かしておくなら見送りと報告する。まぁほとんどの場合、死神は可と報告するのだが・・・。
極端な非日常を描いているわけではないのだが、人間の姿を借りたクールなのだがどこか変わっている死神の視点から書かれていることによって、世界が違って見えてくる。
残念ながら直木賞を受賞することができなかったのだがとてもいい作品。
posted by 黒猫 at 23:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。