2005年12月28日

1リットルの涙

主人公木藤亜也は、徐々に体が動かなくなってゆき、やがて体の全機能が停止してしまう難病「脊髄小脳変性症」に、中学3年生の時に罹った。その木藤亜也が、21歳になるまで書き続けた日記をもとにストーリー化された。

ようやく1リットルの涙の最終話みました。
今回の1クールの中で一番よかったドラマ。
まぁ作りすぎてるところはあるけど、いい作品にしあがってる。
たいてい死を描いた作品は卑怯だよなぁという思いが先行するんだけど。
この作品エンディングで毎回原作の文章が引用され木藤亜也さんの実際の日記の写真やリハビリの様子の写真が使われていて、いやでも「あぁこれは現実の話なんだ」って感じさせられる。
posted by 黒猫 at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

危険なアネキ

あらすじ
小さい頃から美人と言われ続けた天真爛漫な姉、寛子(伊東美咲)と、頭脳明晰だが、田舎育ちにコンプレックスを持つ弟、勇太郎(森山未來)の物語。
 宮崎で焼酎酒造を営む皆川家は、勇太郎の医科大学合格を機に幸福が連続してやってくる。寛子はその美貌で“ミスポンカン娘”に選ばれ、広告代理店勤務の谷口誠(鈴木一真)と婚約。父の源太郎(宇津井健)も焼酎“みながわ”で、芋焼酎鑑評会の大賞を受賞し、事業を拡大した。
 だが、この絵に描いたような幸福は突然崩れ落ちる。“みながわ”の量産を始めた結果、借金をかかえて酒造は倒産。心労から源太郎は入院し、そのまま帰らぬ人に。追い討ちをかけるように、寛子は谷口から婚約の破棄を告げられてしまう。
 寛子は単身、東京へやってきた。しかし、寛子が突然アパートに現れ、勇太郎は大迷惑。しかも、意中の女性、田村愛(榮倉奈々)に今日こそ想いを告げようとしたときだったのだ。勇太郎は昔から美貌だけで生きてきた寛子がうざったくてしょうがない。必死に追い返そうとするのだが、寛子は勇太郎が研修医として勤務する大学病院にまで顔を出し、愛の父で教授の田村伸一(児玉清)に勇太郎の居場所を聞く始末。
 そんな寛子に、指導医の武田育夫(高嶋政伸)は一目ぼれの様子。愛と幼なじみの中村拓未(平岡祐太)も姉に興味津々。しかし、寛子は勇太郎の気持ちを逆なでするよう。そのため勇太郎の寛子への態度は、ますます冷たくなっていく。
 そんな時、寛子はひょんなことからキャバクラ『ブルーベルベット』のボーイ・矢沢俊也(金井勇太)の目に留まり、そこで働くことになる。新人を値踏みするキャバクラ嬢たちの冷たい視線の中、寛子に優しく声をかけてきたのは野口小春(濱田マリ)。また、その店のナンバーワンは、昼は勇太郎の大学病院で看護師として働く北村さおり(釈由美子)だった。

あんまりおもろくなかったなぁ。
まぁ、期待もしてなかったんですが。
全体的にご都合主義。家出したーと思ったら次の回で仲直りしてるし。
母親に腹立てたはずなのになんですかそのフレンドリーさは・・・。
もうちょっとなんかあってもいいんじゃないでしょうか。

主題歌が平井堅のPOP STARなんですがPOP STARが流れるとVip starに聞こえてきてドラマどころじゃなくなる。ドラマ見終わるまでVip star聞くんじゃなかったと後悔中。
posted by 黒猫 at 02:33| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

野ぶた。をプロデュース

結構、おもろかったワァ。
ある日、修二の通う隅田川高校に転校生がやってきてその転校生小谷信子(堀北真希)この女の子を桐谷修二(亀梨和也)草野 彰(山下智久)がプロデュースしていくという話。

話が斬新に感じられた。
こういった感じの物語には出会ったことがなかったからなぁ。
それもぞのはず原作が第41回文藝賞受賞作&第132回芥川賞候補作でベストセーラー本なんですな。
原作読んでみようかな。
posted by 黒猫 at 03:06| Comment(1) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

ハリウッド的殺人事件

tsdd-34859.jpg
ストーリー
舞台は映画の都、ハリウッド - 。
ある夜、人気上昇中のラップ・グループ<H20クリック>がライブ中に射殺される。ベテラン刑事ギャヴィランと新人コールデンのコンビが捜査にあたることに。二人は現場に残されたダイヤのピアスと足跡を手掛かりに、犯人と目撃者を探す。捜査を進めるうちに次第に明らかになるショー・ビジネス界の裏側。華やかな表舞台とは裏腹に、血生臭いバックステージに渦巻く陰謀に迫る!

見終わって一番最初に思ったのが「わけわかんねー」でした。
えーっと犯人たちの動機はいったいなんだったんでしょうか?
ミュージシャンたちが独立することが許せなかったんだろうか?
わかりづらくなってる理由は作品の中での殺人事件の扱いがしょぼい。ハリソンとジョシュの生活のほうに時間を割いてるのでストーリーはぐずぐずになっちゃてます。
事件の構図をもっと単純化して生活の方に比重を置いたほうがよかったんじゃないかな。
実際、ハリソンとジョシュの取調べのシーンとかおもろかったしなぁ。
posted by 黒猫 at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

株のお話

コロムビアME 今日149+7
あがったなぁ
今日、東証1部の上昇銘柄は全体の81.2%にあたる1357銘柄が上がったそうです。どうも先週末の米国株式相場が上昇したことを受けて、買いが先行したらしい。

最近、三菱自の株を注目中。1月に新型自動車「i」が出るんですが。この車、かなり斬新なデザインでありホイールベースが2,550mmしかも大径タイヤフロント145/65R15、リヤ175/55R15とスペックもいいんだよなぁ。アウトランダーに続き売れそうな予感。ただ、聞いた話車の値が140万とか軽四で140万は高いよな。
三菱自出来高でかいので+要素が出ればすぐに値が上がると思うんだが・・・。
posted by 黒猫 at 03:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

Mr.&Mrs. スミス

今日はMr.&Mrs. スミス見てきました。
a.jpg 
公式http://www.mr-and-mrs-smith.com/
できは、まぁまぁかな。アクション映画だと思って見に行ったら中盤あたりまではタルイ。ってか自分が勝手にアクション映画と決め付けて見に行ったんですが。アクションコメディとして見たほうがいいかも。
ブラピとアンジーのコンビ最高ですなブラピはかっこええし、アンジーはきれいだしなぁ。まぁストーリーがちょっとねーって感じでしたが。突っ込みどころ満載です。もっと早くに和解して一緒に組織を潰すんかと思ってたんだけど。最後までぴっぱるとは・・・。銃撃戦をしながらの会話なんかはあじがあってええかんじでしたな。この二人、リアルでも結婚するのかしらね。
posted by 黒猫 at 03:17| Comment(1) | TrackBack(18) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレット見てきました。
うむ、なかなかおもろかったー。仕方ないといえば仕方ないけど、だいぶけずらられてたなぁ。すごい詰め込んだーって感じがにじみでてましたな。いい意味で言えばスピード感があったといえばいいかもしれん。どっちかって言うと後者のほうが正しいかな?
それにしてもシリウスブラックあんな扱いでいいのかよ。次の不死鳥の騎士団で死んでしまうのに・・・。

ちなみに次回作のハリー・ポッターと混血のプリンス(仮)2006年05月17日に発売予定らしいです。多分買わんな。
posted by 黒猫 at 00:26| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

うーむ

一ヶ月近く更新してなかったんだな・・・。
なんかいろいろ忙しかった今日この頃。
忙しかったので本がつまれていく一方なんでネタがない・・・。

そういやコロムビア株が今日143円+5
このままあがんねーかなぁ
150円台になってほしいもんだ。
posted by 黒猫 at 01:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。